世界にはこんな珍しい宝石がある!

光の種類によって色が変わるアレキサンドライト

アレキサンドライトという宝石をご存知でしょうか。これは、当てる光の種類によって色が大幅に変化する珍しい宝石なのです。人工的な光の前では赤い色になり、太陽光の下では緑色の宝石に生まれ変わります。一つで二つの表情を見せてくれるので、大変な人気があります。発見されたのは最近のことであって、まだその存在を知らないという人もいます。
大きな石が見つけにくい宝石の一種であって、3カラット以上のものなら非常に高価になります。世界的なオークションに出品されたりと、その扱いは特別です。しかし、小さいものであれば数万円で購入は可能ですから、彼女へのプレゼントなどに選んでみてはいかがでしょうか。きっと喜んでもらえるはずです。

ファンシーカラーダイヤモンドも珍しい

ダイヤモンドというだけでも価値が高いのですが、ダイヤモンドの中でも僅か数%程度しか見かけることのできないさらに珍しいファンシーカラーダイヤモンドというものがあります。これは、その名の通りにファンシーなカラーのついたダイヤモンドのことです。通常のダイヤモンドは、無色透明であって、それが売りになっています。ただ、このファンシーカラーダイヤモンドは、薄い色がついています。色はブルーやピンク、イエローなど様々ですが、どれも非常に珍しいということで、価値が高く付くのが普通です。
通常のダイヤモンドはいかに無色透明かで価値が変わるのですが、ファンシーカラーダイヤモンドの場合にはそうした常識は通用しません。それだけ特別な存在だということです。